知っておきたい採用管理の基礎知識

採用管理について知りたいことをまとめました


知っておきたい採用管理の基礎知識

知っておきたい採用管理の基礎知識

効率よく採用管理を行うためには、その仕組みと目的をしっかりと理解しておくことが大切です。これらのことが理解できないまま、採用業務をシステム化したとしても、単に採用に関する情報をデータベース化したに過ぎず、いわゆる「管理」の部分が抜け落ちてしまうのです。また、近年の雇用状況にも精通しておくことも重要です。兎角、会社の採用担当社は、自社の状況だけに注目しがちですが、優秀な人材を確保するためには、他社との競争は避けられません。他社の状況を把握することは当然として、労働市場全体を見渡すことが必要不可欠なのは言うまでもありません。すなわち、採用担当者には、採用業務をシステム化するだけでなく、そこに蓄積されたデータを活用することが求められており、そのためには労働市場に精通していることが必須なのです。

採用管理システムの基本的な仕組みと注意点

労働市場は、年々、縮小されており、優秀な人材は工夫をしないと集まりにくいのが現状です。採用業務において大切なのは、求人広告を出すことでなく、自社の求めるスキルを持った求職者を集めることです。さらには、的確な選考基準を策定し、速やかに選考試験を行い、内定者を逃がさないことです。システムでは、この一連の流れを一括管理することで、選考試験の遅れや内定通知の漏れなどの人為的なミスを最小限にしていきます。せっかく、優秀な人材を見つけても、内定通知の遅れなどにより他社に流れてしまっては、ダメージは計り知れないものになります。したがって、システムでは可能な限り、事務ミスを起こさせないことを念頭に設計されていますが、同時にデータベースとしての機能も持たせているのです。

採用管理システムの今後の展開とは

システムを導入した企業の大半で、事務の効率化が図られています。もちろん、システムを開発した最初の目的は事務軽減ですから、このことは当然の結果ですが、人材確保に成功している会社は、さらにデータベースとしてシステムを活用しています。具体的には、応募者の経歴や資格などの基礎データに、採用試験の結果や合否、さらには入社後の実績を追加することで、今後の採用基準の改善に活かそうというものです。特に、入社試験に合格した社員が、どういった媒体を辿って入社したのかを把握することは、今後の求人広告の出稿戦略にも大きくかかわるものですから、分析しない手はないのです。このように、システムはデータを蓄積するためのものではなく、蓄積されたデータに基づき、将来にわたって自社の経営基盤が安定するよう、採用方針や基準の作成及び必要な改善を加えるために必要不可欠なものなのです。