知っておきたい採用管理の基礎知識

採用管理について知りたいことをまとめました


知っておきたい採用管理の基礎知識

採用管理システムによって効率を上げよう

採用管理システムによって、採用活動は大幅に効率化できます。例えば数多くいる面接官の情報共有を行うだけでも、有能な人材確保が確実に行えるようになります。面接ではどのような質問をすれば、相手の潜在的な能力や性格を引き出せるかが決まってくるものです。そして上手く質問をすることで、求めるべき人材を見極めて確保できることにつながります。そのような質問事項を面接官同士で共有化できれば、効率良く必要な人材を確保することが可能です。さらに面接時における応募者の自社への意気込みをフィードバックすることで、採用後にどの部署へ配属すれば効果的であるかも判断できるようになります。採用活動の後の適材適所を考える上での効率を大きく向上させることにつながります。

面接官ごとの採用基準のバラツキを平準化できる

人材を採用する際には、どうしても担当者の主観に頼ることになります。そのために採用基準にバラツキが出ることで、本来は会社の業績に貢献できるような人材を取りこぼしていることも考えられます。そこで採用管理システムで採用基準を明確にし、さらに見えるようにすることで貴重な戦力を逃すことが無くなります。また応募者と面接官との相性というものもあるので、あらかじめ応募者の性格などによりタイプ別に分けておくことで、相性の良い面接官をあてることができます。さらに質問事項とそれに対する答えをデータとして残しておくことで、採用後に成果を生み出す人材がどのように答えていたのかを確認できるようになります。それを次の面接に生かすことで、成果を期待できる人材の確保が可能となってきます。

採用管理によって迅速な人選が行えます

採用管理システムを導入することで、人選の進捗状況を見えるようにして、把握できるようになります。見込みのある応募者との連絡はきちんと行われているのかも、誰でも確認できるというわけです。そのために担当者が忙しい場合には、他のスタッフが対応することもできます。そのように時間を置かずに迅速に対応することで、人材を外部に流出させるリスクが下がります。優秀な人材は常に複数の企業を見比べているものです。そこでいかに自社の魅力を伝えるかがポイントになりますが、そのような採用活動を効率化させるために管理システムをいかに使いこなすことが必要となります。そのためには、まず必要とする人材像を明確にしておくことと、面接時にそれをどのように確認するのかを共有することが大切です。