知っておきたい採用管理の基礎知識

採用管理について知りたいことをまとめました


知っておきたい採用管理の基礎知識

採用管理のシステムについての疑問点を解決

近年では、生活スタイルの変化であったり、少子化などの影響により新卒者の確保が難しい状況にあります。ですので、中途採用によって雇用の数を増やしている企業も少なくありません。しかし中途採用というのは、新規の場合と違って採用時期が一定でなく、常時、雇用業務を行わなければならないため、手続きがとても複雑になってしまいます。そこで、こういった問題の解決のために、採用管理システムの導入を行っている企業も多くあります。そしてこのシステムの導入を行った企業の多くが、雇用における作業量の軽減や、採用計画を見直すことによる安定した人員の確保といった成果を出しています。ですが、システムの導入にあたっては様々な疑問があるでしょうし、そのことによって導入を躊躇する場合も多いでしょう。ですので、ここでは、代表的と思われる疑問とその解決法について紹介します。

個人情報保護はしっかりしているのか

多くの企業がシステム導入を躊躇してしまう理由として、個人情報保護がしっかりしているのかという問題が挙げられます。採用に関する業務では、個人情報を多く扱うことになるため、その取り扱いには細心の注意が必要になりますが、システムの導入により、個人情報保護のセキュリティ機能が低下してしまうのではないかという懸念もあるでしょう。採用管理システムというのは、サーバー上にシステムの構築を行い、必要なデータだけをサーバーから取り出す仕組みになっているため、作業効率の向上だけでなく、個人情報保護にも役立っています。また、取り出されたデータは、採用業務に利用できるだけでなく、企業における長期の雇用戦略に活用することも可能です。企業の中には、短期における戦略だけを考えて、長期おける雇用の計画を疎かにしている場合も多いため、システム導入は、そういった企業との差をつけるチャンスだとも言えるでしょう。

システムのカスタマイズは簡単に行えるのか

採用管理システムの導入に躊躇するもう一つの代表的な理由には、企業が必要とするデータ項目の追加を行ったり、または必要としない項目の削除が簡単には出来ないのではないかという使い勝手の問題が挙げられます。結論としては、システムをカスタマイズすることは簡単であり、例えば、入社した後の営業等の実績を追加できるようなカスタマイズを行い、採用の際の試験結果と照らし合わせて、試験結果の内容との違いを検証するということも可能でしょう。他にも、採用試験の結果が決まった時点で、内定の通知を自動的にメール送信できるようなカスタマイズも便利ですし、メールの送信を自動的に行うことによって、素早い対応ができるだけでなく通知漏れの防止にも役立てることができます。内定通知に不備があったことにより、他社に内定者を取られてしまうことも有り得るため、これも便利なカスタマイズだと言えるでしょう。