知っておきたい採用管理の基礎知識

採用管理について知りたいことをまとめました


知っておきたい採用管理の基礎知識

採用管理システムを使うメリット

少子高齢化の影響で、会社にとって有益な人材の確保が、年々、難しい状況になっています。数年前までは長引く不況が続き、新規採用を目指す人々は「氷河期時代」と言われていましたが、ここ数年は、各企業の採用担当者が「氷河期時代」を迎えているといっても過言ではありません。また、不況も中で行なったリストラにより、中堅社員が育っていないことも大きな課題です。そのため、新規採用だけでなく、中途採用の枠を広げて対応しているのが現状ですが、1年中、募集事務に追われることとなり、本来行うべき、採用管理が後手に回ってしまっているのが現状です。そこで、各企業では、採用業務をシステム化することで、従来の3分の1程度まで業務量を圧縮して、業務の遅れを取り戻し、会社にとって有益な人材の確保に努めているのです。

採用管理における現状と課題について可能となりますから、

会社にとって有益な人材を確保するためには、募集、選考、内定通知、入社後の実績管理といった一連の流れをシステム化し、採用方法に必要な改善を施していくことが大切です。しかしながら、現状では通年、募集作業に追われる状態が続いており、選考業務の進捗管理や内定通知の追いかけができていないのが実態です。求職者の多くは、競合他社の入社試験を並行して受験していますから、選考業務や内定通知が遅れると、他の会社に入社してしまいます。つまり、ライバル会社に、有益な人材が入社しているということなのです。さらに、入社後の実績管理ができていないため、募集方法や選考基準が適正であったのか否かといった検証が行えないため、いつまでも新入社員の質が変わらない事態に陥っているのです。

採用管理システムの概要とメリット

採用管理システムは、募集、選考、採用、実績管理といった一連の流れを一つのシステムで管理する仕組みです。一般的には社内LANなどにシステムを組み込み、必要なセキュリティをかけることで、必要な情報を必要な部署が閲覧することができます。したがって、各工程における事務の遅れや内定通知発送状況などが、明確にわかりますから、迅速に改善することが可能となります。また、入社後の実績と紐つけることにより、募集媒体や選考試験の内容との関連性を分析できますから、その企業が必要とする人材が、どういった募集媒体から応募しているのかが分析できます。また、一つのシステムを社内で共有することから、事務の効率化にもつながりますから、本来、時間をかけるべき、分析、改善といった作業に時間を割けるため、より、会社にとって有益な人材確保が可能となることが大きなメリットなのです。

さらには、応募者対応が行われていない際のアラートメール、進捗ステータス表示、面接カレンダーなどの応募者対応便利機能も標準実装。店舗向けに、管理画面はスマートフォン対応もしています。 採用管理で採用率を上げる